_Fot(フォート)
_Fot(フォート)
_Fot(フォート)
160801-02-03
tm25oj01
km25pc02
km25is01
km25cs03
010165ss
010125ss
2313
2267
2253
2224
2202
16-532
16-045
16-514
_Fot(フォート)

スマートなIラインシルエットは、オフィスカジュアルのもはや定番。シルエットが決まったら次からは素材で選んでコーディネートを組み立てていくのが鍵です。気分転換にアクセサリーや小物、ヘアスタイルで変化をつければ、きっと毎朝の眠たい目をこすってもすぐに、ワクワクした気持ちが出てくるはず。

シューズ

⇒ 特集 _Fotのススメはこちら

_Fot(フォート)

ウェディングパーティーよりはもう少しカジュアルで、マナーもゆるい。それくらいのシーンに似合うドレスアップスタイルはなかなか難しいものです。ルールに囚われず楽しんで!普段は外しができない靴やアクセサリーで充実感を出すとうんとオシャレなスタイリングに。

コート
ドレス
シューズ

⇒ 特集 _Fotのススメはこちら

_Fot(フォート)

ストラップ使いのロングカーディガンは主役の顔を整えます。オフの日はリラックスができるヌケ感をベースにしたスタイリングを。でもだらだらしすぎたら、あっという間に一日が終わってしまうので、いつでも外に出られる余裕っぷりも必要です。

カーディガン
シューズ

⇒ 特集 _Fotのススメはこちら

160801-02-03

suroのワンピースはシンプルなだけあって、羽織や靴、カバンなどアクセントが強い小物を引き立てるのが得意なタイプです。お気に入りのアクセサリーを主役にしてスタイリングしていただくのもおすすめです。

ジャケット
ワンピース
シューズ
tm25oj01

トーンをまとめて、たっぷりとヌケ感をつくった淡いスタイリング。余裕な表情をして歩くのがベター。アルパカの心地よさに癒されながら、とことんリラックスモードをオンにして過ごしたい。

ジャケット
km25pc02

中にストールをかけた状態で、上からコートを羽織った上級レイヤードスタイル。オーバーシルエットだからこそできるスタイリングです。カラーのトーンを統一することでクリーンな雰囲気をつくることができ、都会的な印象になるのでおススメです。

コート
km25is01

トレンドのワイドヴィンテージ風デニムはブラウスの風合いと程よくマッチし、こなれたオシャレができるのでおすすめです。ふんわりとした形を活かしながらウエストをキュッとベルトマークをすればバランスも◎ヒールと合わせれば脚長効果も期待できます。

ブラウス
パンツ
シューズ
km25cs03

トレンドのIシルエットを活かしてデニムと合わせたオフィスカジュアルスタイル。スタンドカラーがすっきりとしている分、腰回りにボリュームがあってもバランスが整います。靴やアクセサリーの小物次第で自在にイメージが変えれるのも優れたところです。

シャツ
シューズ
010165s

Fot(フォート)のアクセントが強めなウッドハイヒールをナチュラルでスムースなワンピースとコーディネート。確実にスパイスが効き_Fot(フォート)でしか味わえないファッションがお楽しみいただけます。

ドレス
シューズ
010125ss

スクエア型という角のあるヒールな分、レディライクや甘いニュアンスのアイテムとスタイリングすると、面白味のあるギャップが生まれておすすめです。今季はロングスカートや、プリーツスカート、タイトなものなど旬シルエットとの相性も良くできた一足です。そんなアイテムと合わせればトレンドもお楽しみいただけます。

シューズ
2313

R & D.M.Co-(オールドマンズテーラー)のスタンダードなシルエットのタートルネックをメインにコーディネート。ほとんどのアイテムとの相性がいいので、すぐにスタイリングにお使いいただけます。サイズが合えば、男性の方が着ても素敵にキマリます。

ニット
パンツ
バッグ
2267

R & D.M.Co-(オールドマンズテーラー)のピーチスキンツイルゴムパンツはどんなタイプの靴でも良く似合うから、楽ちんなペタンコシューズを合わせたスタイリング。お気に入りのボーダーTとストールを肩にかければ簡単な秋のお散歩スタイルの完成。冬になればさらりとアウターを合わせたい。

カットソー
パンツ
バッグ
2253

R & D.M.Co-(オールドマンズテーラー)のデニムトップスにコーデュロイのストレートスカートを合わせました。通年つかえるデニムには、他のアイテムでとことん季節感の強いものをチョイスすることがカギです。デニムはほかのアイテムの選び方ひとつで飽きることなく年中着られますので、季節ごとに見せ方を変えたスタイリングをお楽しみくださいね。

シャツ
スカート
2224

秋らしくレザーのライダースを使ってカッコよく。ボーダーのカジュアル感が、ハードなレザーのディテールを和らげてくれるのでおすすめです。裾をボトムインして、バランスを整えるのがポイントです。

カットソー
パンツ
2202

R & D.M.Co-(オールドマンズテーラー)のスタンダードアイテム、リネンシャツ。普段のカジュアルスタイルに定番として仲間入りできるようにさりげない使い方を。ピッチの細かいストライプがアクセントになります。秋冬にはこうしてサブに回して生地をならしていき、次の春には一枚でサラッと着られるように育てられるのでおすすめです。

シャツ
1435

なにげない普段のスタイリングの、ちょっとだけ特別な靴下を。スタンダードな靴下だからこそどんなコーディネートにもお使いいただけます。今回はワイドパンツとサボの秋冬モードで。

ニット
パンツ
ソックス
16-532

susuri(ススリ)ブリューゲルワンピースをメインにコーディネート。ワンピースのディテールとデザインだけで、スタイリングは満たされるので、小物の使い方で着こなしに変化をつけるのがおすすめです。ローヒールのペタンコシューズなど今季トレンドアイテムとも相性抜群です。

ワンピース
16-045

susuri(ススリ)の16AWコレクションを全身で堪能したコーディネート。Aラインとユニセックスなデザインとトリンセアコート、ボトムは代名詞的存在のベイカーパンツ。ひとつひとつのアイテムに個性や物語があり、それを寄せ集めることで広がるsusuriの世界。今季も注目したいコレクションです。

コート
シャツ
パンツ
16-514

コートを主役にしたスタイリングには他をスッキリとシャープめにしてバランスをつくるのがおすすめです。今回はテーパードの効いたボトムを合わせてすっきりとしたメンズライクなスタイリングにしました。帽子でお顔まわりをスッキリすれば、よりキリっとした印象に。

アイテム名